賃労働

ちんろうどう【賃労働】
工場・土地などの生産手段を所有しない労働者が, 自らの労働力を一個の商品として資本家に売り, その反対給付として賃金を受けとるような労働形態。 賃金労働。 人格的に自由である点が, 主人や領主に従属していた奴隷・農奴と異なる。

Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • 賃金労働者 — ちんぎんろうどうしゃ【賃金労働者】 賃金をもらって労働力を提供する者。 賃労働者。 プロレタリア。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 同一労働同一賃金 — どういつろうどうどういつちんぎん【同一労働同一賃金】 量と質において同じ価値をもつ労働に対しては, 性別・年齢・勤続年数・人種などにかかわりなく同額の賃金を支払うという原則。 もともとは, 女性労働者の差別的低賃金に対する反対運動としてはじまった。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 国際労働憲章 — こくさいろうどうけんしょう【国際労働憲章】 (1)ベルサイユ条約第一三編(労働編)のこと。 労働の非商品性, 結社の権利, 最低賃金, 一日八時間の労働, 男女の同一報酬など労働に関する一般的原則と, ILO の設置を定めている。 1946年, 国際労働機関憲章に代えられた。 労働憲章。 (2) ⇒ 国際労働機関憲章 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 市場労働 — しじょうろうどう【市場労働】 賃金を受けとる労働。 労働市場において商品として売買される労働力としての労働。 家事労働・再生産労働と対比される概念。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 家内労働 — かないろうどう【家内労働】 (1)問屋・製造業者などから原料や道具などの提供を受け, 自宅で単純な物品の製造・加工を行い賃金を得る労働の形態。 (2)家庭内で行われる労働。 家事労働。 家庭内労働。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 内部労働市場 — ないぶろうどうしじょう【内部労働市場】 通常の労働市場の労働需給以外に, 企業内部の規約・慣行などに基づく配置転換や昇進が, 労働力の配分や賃金形成に大きく影響を及ぼしているとして, これを内部労働市場という。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 女性労働 — じょせいろうどう【女性労働】 賃金を受け取って行われる女性の労働。 女子労働。 婦人労働。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 家内労働法 — かないろうどうほう【家内労働法】 工賃の最低額・安全・衛生など家内労働に関する事項を定め, その労働条件の向上を図るための法律。 1970年(昭和45)制定。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 賃金体系 — ちんぎんたいけい【賃金体系】 個々の労働者の賃金を決定する基準となる, 種々の賃金項目の組み合わせ方の総称。 賃金決定ルールの複雑なわが国特有の用語。 学歴・勤続年数・年齢などによって決定される基本給, およびさまざまな名目による諸手当などよりなる。 賃金構成。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 賃金基金説 — ちんぎんききんせつ【賃金基金説】 J = S =ミルなどのイギリスの古典学派によって完成された賃金理論。 ある社会で賃金として支払い可能な基金は一定であり, 労働者全体の受け取る賃金総額はその枠内で固定されているとする説。 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.